ビットコインを楽しく理解しよう!

女子大生と学ぶビットコイン

ハードウェアウォレット

ビットコイン(BTC)をハードウェアウォレットへ送金する方法

更新日:

 

仮想通貨のウォレットとは?

 

仮想通貨のウォレットとは、簡単に説明するとコインの「受け取り用」のアドレスのことです。

 

ウォレットの種類は大きく分けて「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の2つに分類することができます。

 

仮想通貨のウォレット

  • ホットウォレット
  • コールドウォレット

 

仮想通貨のウォレットは、コインの受け取り用のアドレスである「公開鍵」とコインを送金するときに必要な「秘密鍵」の2つセットで割り振られていて、

 

ホットウォレットとは、「秘密鍵」がオンライン上にあるウォレットのことで、簡単に「送受金」ができる反面、ハッキングにあってコインを盗まれるなどの被害に遭うリスクを抱えています。

ホットウォレットは、「アプリ」などのウォレットのことを言い、取引所のウォレットは全てホットウォレットになります。

 

コールドウォレットとは、「秘密鍵」をオフラインで保管するウォレットのことで、セキュリティー面では強い反面「送受金」するのに少し手間が掛かり、素早い取引ができないというデメリットがあります。

コールドウォレットは、「ペーパーウォレット」「ハードウェアウォレット」があります。

 

博士
「ホットウォレット」に大金を入れておくのは大変危険じゃ!
まい
普段は「コールドウォレット」で保管しておいて、使う分だけ「ホットウォレット」に移動させるのが安全ね

 

 

ハードウェアウォレットへ送金の準備

 

ビットコイン送金に必要なもの

  • パソコン
  • google Chrome(ブラウザ)
  • ハードウェアウォレット(Ledger Nano S)

 

ビットコインを保存できるハードウェアウォレットは様々な種類がありますがおすすめは、「Ledger Nano S」です。

 

見た目もオシャレで、保存できる通貨の種類も多く一つ持っておくと便利です。

 

外国製品で、あまりメージャーではないウォレットもたくさんありますが、あまりおすすめしません。

送金した瞬間、丸々盗まれてしまうウォレット詐欺が多いためです。

特に「初期設定の必要がないもの」は絶対に使用しないで下さい!

 

Ledger Nano Sは「Chrome」のブラウザアプリを使用するため、「Internet Explorer」や「Safari」など他のブラウザを使っている人はPCに「Chrome」をダウンロードしておいてください。

 

 

「Ledger」は仮想通貨ホルダー達の間では有名なフランスのメーカーのウォレットです。

日本にも正規代理店がありますが、世界中から注文が殺到しているため予約待ちの状態も多いです。

 

正規代理店のホームページアドレス

URL:https://hardwarewallet-japan.com

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

予約待ちでどうしても買えない場合、Amazonからも購入できますが、正規の値段より若干高めで売られていることが多いです。

また、Amazonでは販売元がよく分からないところも多いため、ウォレット詐欺に合わないよう注意が必要です。

海外では「秘密鍵が流出されるウイルスが組み込まれてある」ものや「あらかじめ初期設定がされていて、秘密鍵が盗まれた状態で売られていた」という被害も報告されているので、なるべく正規代理店で買うことをおすすめします。

 

「仮想通貨の仕組み」や「ウォレットの仕組み」は詳しいから大丈夫!という人ならまだしも、「あまり詳しくない」という人は絶対に中古品だけは買わないで下さい!

 

「Ledger Nano S」の初期設定

 

まずは、「Ledger Nano S」の初期設定を行います。

左の差し込み口からUSBケーブルを差し込み、パソコンと接続すると「Welcome」と表示されます。

 

「Ledger Nano S」の操作方法は「左ボタンが戻る」「右ボタンが進む」「二つのボタン同時押しで決定」の3つのみです。

 

「Press both buttons to begin(両方のボタンを押すとスタートします)」と表示されるので、両方のボタンを押して下さい。

 

「Configure as new device?(新しいデバイスの設定ですか?)」と表示されるので、「右のボタン(✔︎)」を押します。

「左のボタン(✖︎)」を押すと、「ウォレットの復元」の設定に進みます。

 

 

 

初期設定の手順

  1. PINコードの設定
  2. 秘密鍵の保管

 

PINコードの設定

まずはPINコードを設定します。

「Choose a PIN code(PINコードを選択してください)」と表示されるので、好きな数字を設定します。

 

PINコードとは、「Ledger Nano S」を起動したときに入力する4〜8桁の数字のことです。スマホのロック解除と同じです。

 

PINコードを破られたところで、ウォレットが手元にある限り、中身が盗まれることはありません。

また、後で変更することもできるため、PINコードは覚えやすいものを設定することをおすすめします。

 

PINコードの設定をすると、「Confirm your PIN code(PINコードを確認します)」と表示されるので、あなたが設定したPINコードを入力します。

確認PINコードを入力すると、PINコードの設定は終わりです。

 

秘密鍵の保管

PINコードを設定し終わると、「Write down your recovery phrase(リカバリーフェーズをメモしてください)」と表示されます。

 

 

これがウォレットの「秘密鍵」になります。

「秘密鍵」は#1〜#24の英単語で表示されます。

 

「秘密鍵」は一度しか表示されません。

忘れないように「メモを取る」「写真を撮って保存」しておくようにしましょう。

 

「秘密鍵」は普段使うことはありませんが、

  • ウォレットを紛失したとき
  • ウォレットが故障したとき

にアカウントの中身を復元することができます。

 

「Ledger Nano S」の箱の中に「リカバリーシート」が同封されているので、そこに記入して金庫などに保存しておくことをおすすめします。

 

「秘密鍵」を保管するときの注意

  • スペルミスに注意!
  • 一度しか出てこないのでメモ忘れに注意!
  • 絶対に無くさないように保管すること!

 

秘密鍵の表示が終わると、いくつかの「番号」と「単語」を尋ねられます。

その質問に答えると初期設定は終わりです。

 

「秘密鍵」を保管し忘れたとき

 

「秘密鍵のメモを取り忘れた」「誤って飛ばしてしまった」などの場合には、わざとPINコードを3回間違えると、初期化されて新しい秘密鍵が表示されます。

 

初期化する場合には、必ずウォレットの中身をカラにしておいてください。

ウォレットに仮想通貨がある状態で初期化してしまった場合、二度と引き出せなくなってしまいます。

 

秘密鍵を保管し忘れたとき

  • 仮想通貨を入金する前にPINコードを3回間違える。
  • ハードウェアウォレットの初期設定を最初からやり直す。

 

 

「Ledger Wallet Bitcoin」をインストールする

 

「Chrome」を開いてLedger Wallet Bitcoinをインストールします。

URL:https://www.ledgerwallet.com/apps/bitcoin

 

リンクから飛んだページの一番左下に「INSTALL」のボタンがあるので、そこからアプリをインストールします。

 

「Ledger Wallet Bitcoin」を起動する

 

インストールができたら「Ledger Wallet Bitcoin」を起動します。

 

特に保存場所を指定していなければ、「Chrome」を開いた画面の一番左「アプリ」をクリックすると、「Ledger Wallet Bitcoin」が保存されています。

 

アプリを起動すると下のような画面になります。

 

ウォレットの「Bitcoin」にカーソルを合わせて、ボタンを同時押しすると、アプリがウォレットと同期されます。

 

 

アプリと同期されると、「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」が選択できるので、「ビットコイン」をクリックします。

 

 

次にアドレスタイプを尋ねられます。「LEGACY」と「SEGWIT」が選択できます。SEGWITの方が早く、安い手数料で送金されるのでおすすめです。

 

 

アドレスタイプを選択すると、あなたの口座の画面へ移りますので、ウォレットに移す場合は、「受信」をクリックします。

 

 

すると、「QRコード」「入金アドレス」が表示されます。

このアドレスに送金すると、あなたのビットコインが「Ledger Nano S」の中に保管されます。

 

 

 

取引所から送金する

 

取引所から、先ほどの入金アドレスへ送金します。

 

Bitcoinの送金手数料は、手数料を多く払えば払うほどトランザクションが早く処理されるので、早く送金を完了したい場合は、送金手数料を多く設定しましょう。

 

また、万が一送金ミスなどによって、あなたのビットコインが消失してしまう可能性も考えられます。

最初は送金実験として少額送金して、送金が問題なくできるよう確認してから大きな額を送金するのをおすすめします。

 

博士
「送金のアドレスの入力ミス」などで、他へ送金してしまうことも考えられる。

仮想通貨の「送金」はあくまで自己責任じゃから、十分に気をつけて行うことじゃ!

 

まとめ

 

コインチェックのNEM消失事件で、取引所に預けてある仮想通貨が危険だと認識した人は多いでしょう。

 

あの事件は、何も「コインチェック」だけの問題ではありません。

どこの取引所であろうと、ありえることなのです。

 

全ての仮想通貨の基本的な概念は「自己責任」の元で成り立っています。

 

取引所に大金を預けている人は、「ハードウェアウォレット」や「ペーパーウォレット」など、オフラインで保管することをおすすめします。

 

 







-ハードウェアウォレット

Copyright© 女子大生と学ぶビットコイン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.