ビットコインを楽しく理解しよう!

女子大生と学ぶビットコイン

ビットトレード(BitTrade) 仮想通貨取引所

BitTrade(ビットトレード)の登録方法|取引開始までの流れ

更新日:

BitTradeで仮想通貨取引をするには、アカウントを開設する必要があります。

ここでは、BitTradeの登録から取引開始までの流れまでを詳しく紹介します。

 

博士
アカウント開設は、マネーロンダリング防止のために1人1アカウントしか持つことはできないのじゃ。

 

 

BitTrade(ビットトレード)の登録に必要なもの

 

登録に必要なもの

身分証明書

メールアドレス

 

身分証明書は以下のものが有効です。

有効な身分証明書

運転免許所

パスポート

住民基本台帳カード

在留カード

メールアドレスはyahooやgoogleなどのフリーアドレスでも問題なく登録できます。

 

あれば便利なもの

 

あれば便利なもの

銀行口座

仮想通貨の売買をするのに銀行口座を登録する必要はありませんが、日本円を出金するとき銀行口座の登録が必要です。

 

仮想通貨専用の銀行口座を作るばあいには、他の取引所でも多く使われている「住信SBIネット銀行」がおすすめです。

 

BitTrade(ビットトレード)のアカウント作成

 

BitTrade(ビットトレード)公式ページ

URL:https://bittrade.co.jp/

まずは上記のアドレスから、BitTradeの公式ページへアクセスし、『登録するメールアドレスを記入』したら右の『会員登録』のボタンをクリックします。  

 

 

メールアドレスを登録すると、BitTradeからリンク付きのメールが送られてくるので、リンクをクリックしてマイページへ移動します。

 

次にパスワードを設定して、利用規約に同意して登録します。

 

基本情報の登録

 

アカウントを作成した後、基本情報を登録して行きます。

  1. 氏名:あなたの氏名を記入します。
  2. 生年月日:あなたの生年月日を入力します。
  3. 住所:あなたの住所を記入します。

 

  1. 取引の目的:仮想通貨を買う目的を入力しまう。
  2. 職業:あなたの職業を選択します。
  3. 外国PEPs:あなたが『外国の重要な要人ではない』ということを宣言します。

 

あなたが登録した基本情報に間違いがないか確認したら、『登録』ボタンをクリックします。

これで基本情報の登録が終わりです。

 

本人確認書類のアップロードをする

 

基本情報登録が終わると、そのまま『本人確認書類のアップロード』をします。

 

本人確認の書類の写真を撮り、アップロードします。写真は表裏2枚必要です。

  1. 本人確認書類の種類:あなたが提出する本人確認書類の種類を選択します。
  2. 本人確認書類のアップロード:あなたの本人確認書類の写真ファイルを選択します。

 

 

これで本人確認書類のアップロードが完了です。

後は、審査が終わるのを待ちます。

 

登録完了のハガキ受け取り

 

本人確認書類をアップロードしたあと、翌営業日以降に登録完了のハガキが届きます。

(登録が混み合っている場合、一週間以上かかる場合もあるようです。)

 

ハガキにある暗証番号を入力すると、BIt Tradeで仮想通貨の取引が出来るようになります。

(暗証番号を入力しなくても、ハガキを受け取って翌営業日以降には取引が出来るようになります。)

 

 

まとめ

 

アカウントの登録から取引が出来るようになるまでには通常だと3〜5日程度、混み合っている場合だと1ヶ月以上掛かることもあるようです。

 

いずれ仮想通貨を買おうと思っているなら、先にアカウント登録を済ましておくことをオススメします。

 

博士
仮想通貨は変動が激しいために、口座を開いている間に高騰してしまって、買うチャンスが無くなってしまうこともあるのじゃ

 

ビットトレード







-ビットトレード(BitTrade), 仮想通貨取引所

Copyright© 女子大生と学ぶビットコイン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.