ビットコインを楽しく理解しよう!

女子大生と学ぶビットコイン

コインチェック(coincheck)

コインチェック(Coincheck)|入金の反映時間と手数料の比較

更新日:

 

コインチェックに入金する方法は3つ

  • 銀行振込み
  • クイック入金
  • コンビニ入金

 

コインチェックに入金するには、まず本人確認の手続きを完了する必要があります。

 

Coin check(コインチェック)の登録方法|取引開始までの流れ

コインチェックは現在取引を行っていません(2018/2/5)   コインチェックで仮想通貨取引をするには、アカウントを開設をしなければなりません。 ここでは、コインチェックの登録から取引開始 ...

続きを見る

 

入金するには、コインチェックの公式ページを開いて

「ウォレット→日本円/USドルを入金する」もしくは「取引所→入金」で入金方法を選択します。

 

  

 

ここではコインチェックでの各入金の仕方・アカウントに反映されるまでの時間・手数料を紹介します。

 

 

銀行振込

 

コインチェックに入金する振込み先の銀行は「りそな銀行」または「住信SBIネット銀行」です。

 

りそな銀行の場合は「当座預金」、住信SBIネット銀行の場合は「普通預金」へ振込みます。

振込む口座番号は、コインチェックのアカウントによって異なるので、注意して下さい。

 

住信SBIネット銀行に入金するには、自分の口座を持っておく必要があります。

他の取引所でもお得に使えることが多いので、住信SBIネット銀行の口座を作っておくことをおすすめします。

 

まい
口座番号を間違えると、コインチェックのアカウントに反映されなくなるから、振込む前によく確認してね

 

銀行振込手数料の比較

 

窓口 ATM ネット ドル入金
りそな銀行 ¥540 ¥324(¥108) ¥0
住信SBIネット銀行 ¥0 ¥0 $25

 

りそな銀行のインターネットバンク「マイゲート」・「住信SBIネット銀行」の振込み手数料は無料です。

 

りそな銀行のATMに振込む場合、キャッシュカードを利用すると手数料が¥108円現金の場合¥324円掛かります。

その他のATMや銀行口座から振込むこともできますが、手数料が少し割高です。

 

 

アカウントに反映されるまで

りそな銀行の場合

受付時間:平日9:00〜15:00

時間外の振込み:翌営業日以降

銀行振込みの受付時間は上記の通りです。

 

時間外に振込むと、翌営業日以降に反映されることになります。

連休前の時間外に振り込んでしまうと、1週間近く反映されない場合もあるので注意が必要です。

 

りそな銀行のATMに振り込んでみました。

 

 

振込んだ時間は平日の12時57分、反映されたのが13時56分でした。

掛かった時間は59分です。

今回は1時間ほどで反映されましたが、混み具合によってはもっと時間が掛かる場合もあるようです。

 

住信SBIネット銀行の場合

受付時間:24時間

 

住信SBIネット銀行で入金した場合、5分前後でアカウントに反映されます。

しかしアクセスが集中したときは、反映まで時間が掛かることもあるようなので注意が必要です。

 

 

銀行振込みのメリット・デメリット

  • 手数料が安い。
  • 反映までにタイムラグがある。

 

急に価格が高騰した場合、手数料以上の値段を払わなければならない可能性があります。

入金に銀行振込を利用するときには、反映時間の早い住信SBIネット銀行がおすすめです。

 

まい
価格が乱高下しているときに反映されないのは致命的になるわ
博士
銀行振込で入金する場合には、時間に余裕があるときにすることじゃ!

 

クイック入金(ペイジー決済)

クイック入金とは、ペイジー決済(Pay-easy)を利用して入金することです。

ペイジー決済とは、「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」を紐づけることで、即時決済が可能なサービスのことです。

 

コインチェックの公式ページから「日本円/USドルを入金する」→「クイック入金」で上記の画面に移動するので、①氏名・住所・電話番号・入金額を入力して②決済ボタンをクリックします。

 

 

すると、「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」が表示されるので、この番号に入金するとコインチェックの資産に反映されます。

3つの番号は支払い時に必要なので、「スクリーンショット」を撮る「メモ」をするなど忘れないようにしましょう。

 

インターネット銀行の口座を持っていると、PC・スマホからすぐに決済することができます。

 

 

ペイジー対応ATMがある場合、現金で入金することもできます。

クイック入金の振込み手数料

 

入金金額 手数料
3万円未満 ¥756
3万円~50万円未満 ¥1,000
50万円以上 入金額×0.108% +¥486

 

アカウントに反映されるまで

クイック入金の場合、支払いをすると即時反映されます。

タイムラグはありません。

 

クイック入金のメリット・デメリット

  • 急いでいるときにすぐ反映される。
  • 手数料が高い。
  • 7日間資産の移動に制限がある。

 

クイック入金の場合、入金してから即時にアカウントに反映されるため、急な価格の変動時にも対応できます。

しかし、インターネット銀行の口座が無い場合には、ペイジー対応ATMを探さなければなりません。

まい
インターネット銀行の口座が無いと、ちょっと使いにくいわね

 

クイック入金した金額分は7日間

  • コインの送金
  • 日本円の出金
  • レバレッジ取引アカウントへの振替

の資産移動が制限されます。

博士
うっかり生活費まで入金してしまうと、7日間出金も出来なくなってしまうので注意が必要じゃ!

 

 

コンビニ入金

コンビニ入金は、コンビニに置いてある機械でレシートを出し、レジで精算することで入金できます。

 

入金できるコンビニ

  • ファミリーマート
  • ローソン・ミニストップ・セイコーマート・サークルK・サンクス

 

 

コインチェックの公式ページから「日本円/USドルを入金する」→「コンビニ入金」で上記の画面に移動するので、①氏名・電話番号・メールアドレス・入金額を入力して②決済ボタンをクリックします。

 

 

次に①支払うコンビニを選択して②クリックします。

 

ファミリーマートで入金する場合

 

 

支払うコンビニにファミリーマートを選択した場合、上記のような画面になります。

ファミリーマートにあるファミポート(緑色の機械)に①企業コード②注文番号を入力すると、レシートが出てくるので、レジへ持っていって支払いをします。

 

また③電子バーコードURLをクリックすると、スマホを持って直接レジで支払いすることもできます。

 

 

ローソン・ミニストップ・セイコーマート・サークルK・サンクスで入金する場合

 

 

支払うコンビニに「ローソン・ミニストップ・セイコーマート・サークルK・サンクス」を選んだ場合、上記のような画面になります。

各コンビニにある機械に①受付番号を入力すると、レシートが出てくるので、レジへ持っていって支払いをします。

 

コンビニ入金の手数料

 

入金金額 手数料
3万円未満 756円
3万円~299,500円まで 1,000円

 

アカウントに反映されるまで

コンビニ入金は、クイック入金と同様、支払いをすると即時反映されます。

タイムラグはありません。

 

コンビニ入金のメリット・デメリット

 

  • 急いでいるときにすぐ反映できる。
  • 手数料が高い。
  • 入金額に制限がある。(¥299,950)
  • 7日間資産の移動に制限がある。(入金額の半額)

 

コンビニ入金の場合、クイック入金と同様に入金してから即時にアカウントに反映されるため、急な価格の変動時にも対応できます。

 

まい
少額の入金なら、クイック入金よりコンビニ入金の方が便利かもね

 

クイック入金した金額の半額は7日間

  • コインの送金
  • 日本円の出金
  • レバレッジ取引アカウントへの振替

資産の移動が制限されます。

 

まとめ

 

3つの入金方法のメリット・デメリット特徴を比較してみました。

銀行振込 クイック入金 コンビニ入金
手数料 ¥0〜 ¥756〜 ¥756〜
反映までのタイムラグ 有り 即時 即時
入金制限 無し 無し ¥299,500
資産の移動制限 無し 全額(7日間) 半額(7日間)
あれば便利なもの
  • りそな銀行の口座
  • 住信SBI銀行の口座
  • インターネット銀行の口座
無し

 

博士
コインチェックの登録には1週間近くかかる。コインチェックの登録と同時に「住信SBIネット銀行」口座開設の手続きをすることがおすすめじゃ!

 

 







-コインチェック(coincheck)

Copyright© 女子大生と学ぶビットコイン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.