ビットコインを楽しく理解しよう!

女子大生と学ぶビットコイン

ビットコイン市場

ビットコインFXでコインが暴落した時の対処法

更新日:

 

2018年1月26日、日本のビットコイン取引額2位の仮想通貨取引所「Coin check」から5億2300万XEM(約580億)が不正に出金された事件で、仮想通貨全ての銘柄が一斉に急落しました。

 

この数分間の間にビットコインレートで20万円以上暴落したため、ロングポジションを所持していた人は「ロスカット」(強制決済)された人も多いのではないでしょうか?

 

まい
私はちょうど取引画面を見ていたので、なんとか対処できたわ。

このときの対処方法・気を付けたことを公開します!

 

 

暴落時に気をつけたこと

 

暴落時に気をつけたこと

  • 落ち着くまでは流れに逆らわない
  • こまめにストッパーを入れる
  • サーバーが重くなるから落ち着いて操作する
  • 相場がどう動くかわからないので、ポジションはその日のうちに全て決済する

 

基本的にやったことは上記の4点のみです。

 

落ち着くまでは流れに逆らわない

 

1分足で急落している場合には、基本的に「ショート(売り)」をキープです。

「ロング(買い)」ポジションを持っている場合には、全て損切りしてしまいます。

 

仮想通貨は、価値の裏打ちが無いため、システムに致命的な欠陥が発見された場合には、0円になることすら考えられます。

推測で底値を判断してしまわずに、相場が上向くまでは、ずっとショートポジションをキープし続けます。

 

 

こまめにストッパーを入れる

 

急落しているときは、相場が反転して急上昇することも考えられます。

 

「ショート(売り)」をキープしていたら、利益はどんどん膨らみますが、反転した場合に、利益がなくなってしまう可能性もあります。

ですから、ショート(売り)をキープしている間も、「ロング(買い)」→「損切り」をこまめに繰り返します。

 

 

こうすることで、利益は少なくなりますが、反転のリスクを減らすことができます。

 

サーバーが重くなるから落ち着いて操作する

 

特に気を付けたこと

  • 桁間違いに注意する
  • 数字の打ち間違いに注意する

 

相場が急に動く時は、画面の挙動がとても重くなります。

  • クリックしても反応がしない
  • 数字を入力しても反映されない

というようなことが起こるので、慎重に操作しましょう。

 

リスクヘッジのために、細かく「売り」「買い」を繰り返しているときに、「数字の打ち間違い」「桁間違い」で注文が約定しなかったり、成行注文になってしまうと、痛い損失になります。

 

まい
何度か0の打ち間違いで、指値注文が入らなかったり、成行注文になって損失が出てしまったわ
博士
サーバーが重くなっているときほど、焦らずに落ち着いて操作することじゃ!

 

相場がどう動くかわからないので、ポジションはその日のうちに全て決済する

 

相場が落ち着いてきたかな?と思っても、寝ている間に新しいニュースが入って、「暴落の第2波」や、「反転して急上昇する」ことも考えられます。

相場が荒れた日には、その日のうちにポジションを決算しておくことをオススメします。

 

 

まとめ

 

今回のコインチェック騒動では、その場ですぐ対応できたため、マイナスにならずにプラス収支で終えることができました。

 

仮想通貨FXの場合、暴落したときにも大きな利益が出るチャンスがありますが、大きな利益を出すには、それだけのリスクもついて回ります。

 

大きな利益を狙わずに、少しでも資産を増やすような取引をすることをオススメします。

 

 







-ビットコイン市場

Copyright© 女子大生と学ぶビットコイン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.