ビットコインを楽しく理解しよう!

女子大生と学ぶビットコイン

ビットコイン市場 リップル

「リップル(XRP)」読売新聞一面掲載で、価格が高騰!

更新日:

2018/1/4、読売新聞朝刊の一面記事で、今年中にも一部銀行間での送金をアルトコイン(仮想通貨)であるリップル(XRP)の技術を用いると掲載されました。

 

以前から銀行間での送金でリップル(XRP)が使われると言われていましたが、全国紙の一面となると信憑性が増し、価格が高騰したようです。

 

博士
多くの人が読んでいる新聞の一面掲載は、価格が急に高騰することがよくある。

しかし、急な高騰は相場が反転する可能性も高いので、注意が必要じゃ!

 

銀行の送金システムとは?

 

従来の銀行の送金システムは「クライアント・サーバー方式」と呼ばれていて、中央の大型コンピューター(サーバー)を通じて取引が行われていました。

 

この「クライアント・サーバー方式」はサーバーのデータが書き換えられたり、攻撃されたりすると、全てのシステムがダウンしてしまうため、高いセキュリティ対策が必要で、その分のコストが掛かり、送金手数料も割高です。

 

しかし、ブロックチェーン技術に用いられているPeer to Peer(P2P方式)では、複数のコンピューターで情報を管理するため、一つのコンピューターのシステムがダウンしても、他のコンピューターにデータが残る仕組みになっていて、セキュリティコストが低く、手数料が1/10程度になると言われています。

 

リップルは銀行間の送金に用いられる通貨

 

以前から銀行間での送金は仮想通貨が使われると言われていましたが、去年末くらいから、その仮想通貨が「リップル(XRP)」である可能性が強くなってきたため、1ヶ月の間に4倍以上価格が高騰しました。

 

「リップル(XRP)の技術を使って」の新たな仮想通貨が発行されるのか、「リップル(XRP)そのものを使う」のかは、まだ正式に発表はされていません。

 

今後、リップルが正式に使われることが決まれば、ますます価格が上がることが期待されます。

 

まい
去年からリップルを買っていた人は「億り人(仮想通貨で億万長者になる人)」になっている人も多いようね。

 

今後、国際送金にも使われることになる

 

今後、仮想通貨は「国内の送金」だけでなく、「国際送金」にも使われる見込みです。

 

実際に、りそな銀行など、複数の銀行がリップル(XRP)を用いての国際送金実験を行っています。

 

もし多くの国が送金に(XRP)を用いることになれば、リップルの価格はますます上がることになるでしょう。

 

博士
アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は現在1000以上の銘柄がある。

中には、何のために使われるのかよく分からない通貨も数多くあるから注意が必要じゃ!

まい
アルトコインが生き残るためには、リップルのように実用的になる必要があるのね

 

 

 







-ビットコイン市場, リップル

Copyright© 女子大生と学ぶビットコイン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.